本規約は、株式会社バーバリーアートスペースが主催する美術品オークションでの取引等についての諸規則を 定めたものです。オークションに参加される出品者(販売委託者)、入札者、落札者など、該当者および関係者 は本規約を遵守するものとし、販売委託契約、入札、売買契約が成立した時点で本規約に同意したものと みなします。

ただし、当社との間で別途の合意がある場合には、当社と合意をした者との間においてその合意を優先します。

第一章 競売(オークション)対象品など

1. 対象の商品
(1) オークション対象品

当社は競売により、販売を委託された美術品等を競売(オークション)の方式で売却します。

(2) 品物の状態

出品される作品は、ほとんどの場合新品ではなく古いものであり、現状有姿のまま販売されるものであり 当社は作品のシミやヤケ、傷、その他の欠損や損傷などの瑕疵について一切の責任を負わないものとします。

2. 下見
  • (1)競売開催前に、作品の状態などを確認するために、事前に下見日時を予約のうえ下見することができます。
  • (2)入札希望者は、作品の状態などについて、自身の判断・責任で入札の希望を申し出なければなりません。
  • (3)当社は、下見を希望する者に対し身分証明を求めることができ、理由を説明することなく、当社の判断で 下見をお断りすることができるものとします。
  • (4)当社では、下見に参加した者が作品に傷や損傷を与えた場合、損害賠償を求めることができるものとします。
3. Webページカタログ
  • (1)当社は出品作品について、購入希望者の参考に供するため、Webページにてカタログ(一覧)を作成します。
  • (2)カタログの情報は、あくまでも参考のためのものであり、実物の色彩や色調、状態、品質などを正確に 伝えるものではありません。また、記載の誤りや実物との相違について当社は一切責任を負わないものとします。
  • (3)カタログに掲載される評価額(予想落札価格)は下限と上限の二つを記載します。評価額については当社の 手数料は記載されておりません。現況の相場や当社独自の基準にて算出されたものであり、予想落札価格を 下回るものもあれば上回ることもありますが、その結果について当社が責任を持つものではありません。
  • (4)カタログに掲載された情報、解説、説明は予告なく変更することがあります。この変更はWebサイトもしくは 競売時に競売人が口頭により説明されます。変更の説明がなされた場合、変更された内容で競売が成立した ものとします。

第二章 競売(オークション)

4. 競売への参加
  • (1)競売(オークション)に参加を希望する者は、事前にウェブサイト上から会員登録を完了させることで参加する ことができます。
  • (2)競売参加希望者はウェブサイト上で身分を証明するものを添付し、送信する必要があります。当社は当社の 判断で登録希望者の参加の可否を決めることができます。
  • (3)日本国内に住所または居所のない個人、または日本国内に主たる事業所を有しない法人は、原則として参加は お断りします。
5. 競売の方法
  • (1)競売は、当社が選任する競売人(オークショニア)が進行し、競り上げ方式で行われます。競りのスタート価格、 競り上げ幅については競売人の裁量にて進められます。なお、競りの価格については当社の手数料をを含まない 価格とし、売買成立の際は落札価格に手数料を加算した金額を支払うものとします。
  • (2)当社は、原則として販売委託者の個人情報を公表せず、最低売却価格(リザーブ価格)の設定がある場合も その価格を公表しません。
  • (3)競売は、Web掲載のLOT番号順に進行しますが、事前の通告なく、予定した商品の競売を撤回することがあり また、複数のLOT番号の商品を一括で競売にかけることもあります。
  • (4)オンライン入札の申し出は、Web上で表示されている入札ボタンを押すか、任意の入札額を記入し送信する ことによって成立します。
  • (5)当社は販売委託者からの最低売却価格を守るため、最低売却価格を超えるまで入札希望を申し出るものとし この入札希望の方法は競売人を通して行う方法の他、当社の完全な自由裁量による方法で執り行われます。
  • (6)競売人は、あらゆる入札希望者の申し出に対し、理由を述べることなくこれを認め、または拒否することが できます。
  • (7)入札希望者は、より高額な入札希望があるまでその入札希望額に拘束され、それより高額の入札希望が出現し 競売人に認められた時に、当該入札希望額は失効します。ただし、その最高額の入札希望額が、競売人に拒否 されるなど無効となり、当該入札希望額が次点の場合には、次点入札希望額の拘束は継続されます。
  • (8)落札の最終決定は、競売人が認識した入札希望額の最高額を複数回呼び上げた後、ハンマーを打つことによって 行い、ハンマーを打った時点での最高入札額を申し出た者を落札者とします。競売人がハンマーを打ち最終の 落札の最終決定がなされた時点で、当社と落札者の間で当該作品につきその落札価格を売買価格とする売買契約 が成立し、落札者は当社に対し落札価格および落札価格に対する所定の手数料を加算した金額を支払う義務が 発生します。
  • (9)競売人が次の作品の競売に進行した後は、何人も落札者の決定した競売に異議を申し立てることはできません。
  • (10) 競売に関しての紛争、紛議は競売人の裁量により裁定するものとし、競売に参加しているすべての者はその 裁定に従うものとします。
  • (11) 落札者は、当社から発行する落札確認メールにて落札金額、落札金額にかかる手数料を確認します。 記載された金額を記載された期日までに銀行振込で支払うものとします。なお、振込手数料は落札者の負担と なります。
6. 入札の方法
  • (1)当社に会員登録済みの競売参加希望者は、オンライン入札・電話入札・Webサイトからの事前入札の方法に より参加することができます。
  • (2)電話入札・事前入札での参加を希望する者は、「電話および事前入札申込書」に所定の事項を記入し当社の承認 を得たうえで、当社の指示に従わなければなりません。ただし、システム上の不具合などにより競売の参加希望 がなされていることを当社が認識できなかった場合、申し込みはなかったものと取り扱い、当社は一切の責任を 負いません。
  • (3)いずれの入札方法においても、競売開催日の1営業日前までに、所定のフォームを用いて送信のうえ申し込むもの とします。
  • (4)入札価格については、当社が設定する競り上げ価格をもとに上昇しますが、入札者が任意の金額で入札すること もできます。
  • (5)複数の競売参加希望者の入札指示価格が全く同一であった場合には、オンライン入札・事前入札においては先に 当社が受信を確認できた順、電話入札においては先に当社で受け付けた順が優先されます。
  • (6)いずれの入札方法での入札指示に関し、手違い、誤認、その他一切の理由に基づく過誤があったとしても、当社 は一切責任を負いません。
  • (7)電話入札において、当社が用意した電話回線の数を上回る参加希望者がいる場合には、申し込みの先着順に 参加者を定めます。なお、当社は電話による入札の申し込みについて、当社の自由裁量にてこれを拒否すること ができます。
  • (8)電話による入札の指示に関し、電話の聞き違い、電話回線の故障、その他一切の理由に基づく過誤があった場合 当社はその一切の責任を負いません。

第三章 落札者

7. 購入代金
  • (1)落札者は落札価格の他に、当社の手数料として、落札価格の10.0パーセント(消費税含む)の合計額の金員を 支払わなければなりません。
  • (2)落札者は、購入代金全額を競売の日から10日以内(但し、 土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律に 規定する休日を除く)に日本円により現金、銀行法に規定する銀行及び信用金庫の自己宛振出小切手、または 下記銀行口座に対する振込み送金により(支払い期限内に送金が到達することを要する)支払わなければ なりません。
  • 口座名 株式会社バーバリーアートスペース
  • みずほ銀行 日本橋支店 (普)2422570
  • りそな銀行 秋葉原支店 (普)1908321
  • 三井住友銀行 東京中央支店 (普)8173724
  • 三菱東京UFJ銀行 浅草支店 (普)3710196
8. 落札作品の引き渡し
  • (1)当社は、落札者が購入代金の支払いを完了した後、落札作品を引き渡します。
  • (2)落札者は、落札代金を完済した後、支払期間内に当社または当社の指定する場所において落札作品を受け取るか 落札者の依頼と費用負担(梱包費、配送費の合計料金着払い)により、当社の選任した配送業者に依頼して配送 します。なお、配送業者選定に関わる責任は一切負わないものとします。
  • (3)引き渡し時点(当社が落札者または代理人、運送業者に引き渡した時点)以降の事故については、一切の責任を 負いません。落札者の求めにより、当社が運送業者を斡旋した場合、その斡旋は全く当社の好意によるもので あり、落札者は自ら保険を付すなど、運送に伴う危険に対する措置を行うものとし、当社は、引渡し以降の事故(滅失、紛失、盗難、毀損、汚損等)について運送業者選定の当否も含め、その一切の責任を負いません。なお、落札者は、自らの判断と責任、負担において自らが適当と考える梱包をしなければなりません。当社は、引渡しの際、梱包をすることがありますが、それは当社の好意により適当と考える梱包をするのみであり、当社の行った梱包について、当社は一切その責任を負いません。
  • (4)落札者は、引取りにあたり、落札作品を検品することができ、落札者が現実に検品したか否かを問わず、当社が 落札作品を落札者(代理人、使者、運送業者を含む)に引渡したときは、当社に故意または重大な過失がある 場合以外、落札者は、引取り時点以降は、落札作品違い、毀損または汚損の主張もしくは、落札作品違い、毀損 または汚損を原因とする契約解除、その他一切の請求を当社に対してすることができません。ただし、当社が 誤って落札した作品と別の作品を引渡した場合は、当社は、その返還を求めることができ、落札者はその求めに 応じなければなりません。
  • (5)落札され、購入代金が支払われた作品を、落札者の指示や引取があるまで、オークション終了日以後30日間を保管 期限とし、無償で保管致します。保管期間を過ぎた作品は当社の自由な裁量により、落札者の費用、危険負担に おいて登録された住所へ配送するか、第三者の運営する倉庫において保管する権利を有します。
9. 落札後の危険負担および所有権
  • (1)支払い完了後の落札作品の危険負担は全て落札者の負担となります。当社の責に帰すべからざる理由によるもの である場合の滅失、紛失、盗難、毀損、汚損等は、落札者の負担とし、落札者は、購入代金の支払いを免れる事 はできません。
  • (2)落札者が購入代金等の支払いを完了し、かつ、当社が落札作品を落札者に引渡すまでは、落札作品の所有権は 落札者に移転せず、落札者が購入代金等を完済した後、当社が落札作品を引渡した時点で、所有権は落札者に 移転します。
  • (3)競売終了後に第三者による権利主張がなされた場合は、日本に民法、古物営業法に則り対応するものとします。
10. 支払期限の猶予
  • (1)落札者が、書面による購入代金等の支払い期限の猶予を求めた場合、当社は、落札者に対し書面により期間を 定めてその支払いを猶予することができます。ただし、落札者は支払い期限の猶予を求める権利はなく、当社が 落札者に対し支払い期限の猶予を与えるか否かは、当社の自由裁量によります。
  • (2)落札者は、猶予期間の利息を支払わなければなりません。利率は当社が随時定め、書面により通知します。
  • (3)落札者において、他の債務につき仮差押または強制執行を受けたとき、破産手続開始、民事再生手続開始、会社 更生法手続開始、会社整理開始もしくは特別清算開始の申立があったとき、振出した手形または小切手が不渡り となったとき、または当社に対する債務が一部でも履行を遅延したときは、落札者は当社から何らの催告、通知 をすることなく支払い期限の利益を喪失し、直ちに購入代金等を支払わなければなりません。
11. 盗品・遺失物・不正登録の取り扱い
  • (1)当社が落札者に商品の引渡しをする以前に、商品について、盗品、遺失物 として真正な所有者と主張する者 から返還請求があった場合または法律の定めによる売買禁止物であることが判明した場合、当社 は無催告で 売買契約を解除することができます。この場合、当社は落札者から 購入代金の支払いを受けているときは これを無利息で返還するものとし、落札者は当社に対し、損害賠償その他の請求をすることはできません。
  • (2)警察本部長等が古物営業法第21条の規定により当社に対し保管を命じ、 その保管の期間の終了日が競売の日 の翌日から10日目を越えるときは、そ の保管の期間の終了まで当社は商品の引渡しをせず、第13条の適用 に当た っては、第13条の「競売の日から10日以内」とあるのは「警察本部長等 が保管を命じた期間の 終了日から3日以内」と読み替えて適用するものとし、 第14条、第16条及び第18条の適用に当たっては 同3条の「支払期間」 を以上により読み替えた期間として適用する。なお、この理由により引渡しが遅滞して も当社はその遅滞に起因する結果について一切その責任を負わないものとします。
12. 落札者の債務不履行
落札者が、支払い期限までに購入代金等の全額を支払わないときは、以下の定めに従います。
  • (1)落札者は、支払い期限の日の翌日より全額の支払いを完了するまで購入代金等の未払残金について、年14.6% の割合による遅延損害金を支払わなければなりません。
  • (2)支払い期限を過ぎ、当社が落札者に購入代金等の全額の支払いを催告しても支払いがなされない場合、当社は 落札者との売買契約を解除する権利を保有します。また、当社に登録さ れた住所に誤りなく送付された支払い 催告状が受取人不在、転居先不明または受け取りが 拒否された場合も、当社は落札者に売買契約履行の意思が ないものと見なし、売買契約を 解除する権利を保有します。売買契約は、当社が落札者の登録住所に解除通知 を発送した 時点で受取人の住所不明、受取り拒否に関わりなく、解除されたものといたします。
  • (3)また、12-(2)の場合、当社は何らの義務を負うことなく、落札者の会員としての諸権利を取り消すことができる ものとします。
  • (4)売買契約が解除された場合、契約解除された落札者は、落札ロットに対する一切の権利を 喪失し、当社はその 落札者に通告することなく改めて当該ロットを競売に付すか第三者に売 却する権利を保有します。再競売に おける購入代金または売却における売却価額が、その落札者が支払うはずであった購入代金を下回った場合 当社はその落札者に対してその差額負担と支払い不履行によって生じたすべての費用を損害賠償として請求 する権利を保有します。
13. 真贋保証
当社は下記項目に記す条件を全て満たし、落札者から落札作品が贋作である為に売買契約の解除の申し出があり当社がそれを承認した場合、購入代金を上限とし、全額落札者へ返金するものとする。なお、鑑定に要した費用や損害、賠償等について当社は一切の責任を負わないものとします。
  • (1)当社の定める鑑定機関(作家本人、所定鑑定委員会、所定鑑定人、美術研究家に限る)による贋作(修復、加筆は 対象外)の証明がある事を前提とします。但し、オークション開催時には上記鑑定機関において真作であると されていた場合、オークション開催時には一般的でなかった鑑定方法、鑑定技術、あるいは著しく費用や時間の かかる鑑定、作品を傷つける恐れのある鑑定、作品が破損した事により判明した事実などは除きます。
  • (2)落札者が競売の日から1年以内に、落札作品が贋作であるという当社が納得しうる証明を添えて、競売日、 出品番号、落札価格を明記した書面により当社に対し請求した場合に限ります。また、この請求は落札者 に限るものとし、落札者のこの権利は第三者に譲渡することができず、また担保に供することはできません。
  • (3)落札作品をオークション出品時と同じ状態で当社へ引き渡し、当社が確かにオークションに出品された作品と 同じであり、出品時と同じ状態であると確認できなければなりません。
  • (4)競売の開始価格が50,000円以下の作品、エスタンプ版画、複製工芸作品、当社が鑑定機関として相応しくない と判断した団体や組織の発行する証拠については、この規定を適用しません。
  • (5)落札者からの贋作であるとの申し出に対し、当社は真作であることを証明するため、科学的あるいは他の方法 により調査する権利を有し、調査方法はオークション当時に使用さ れていたか否かを問わず、あらゆる方法が 含まれます。

第四章 雑則

14. 個人情報
当社は、出品者名や落札者名等オークション参加者の氏名、団体名、会社名等、個人情報に関する情報は、公表される者の同意なく公表しません。ただし、警察、検察庁、裁判所等の司法機関により情報の提示を受けた場合や、業務を遂行する上で個人情報を提供しなければならない場合(運送業者、鑑定機関等)はこの限りではありません。
15. 規約の変更
当社は何ら予告なく、本規約を自由に改定出来る権利を有し、規約の改定を書面や口頭で提示、説明した時よりその効力を発するものとします。
16. 責任の範囲
  • (1)当社は、本規約に当社が責任を負わないことが定められている場合は、いかなる理由があっても損害賠償の 義務を負いません。
  • (2)当社は、損害が天災、地変、戦争、内乱等、不測の事態等に起因する場合は、一切の損害賠償の義務を 負いません。
17. 権利の譲渡
本規約に基づき当社に対して有する権利や地位等を、当社の同意を得る事無く、譲渡や担保にする事は出来ません。
18. 準拠法
本規約は日本国の法律をその法的根拠とし、東京地方裁判所を専属の合意管轄裁判所とい たします。